不動産投資(成功すると安定した利益、もしくは、大きな利益を得られることもあるでしょう)には、多額の資金を必要とするため、ちょっと前まではおかねもちが行う資産運用(様々な方法がありますが、リスクが低いとリターンも低いのは共通しています)といったイメージが強かったものでした。けれど、景気が低迷している最近では、株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)式や投資信託(投資を行う専門家をアセット・マネージャーといいます)などの資産運用以外の方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)として、毎月安定した収入が手にできる不動産投資(賃料によるインカムゲイン、もしくは、購入金額よりも高い価格で売却した際のキャピタルゲインが投資の目標となるでしょう)に人気が集まっているはずです。それでは、実際はといえね、この不動産投資(成功すると安定した利益、もしくは、大きな利益を得られることもあるでしょう)とは困難なものでしょうか。確かに、不動産投資(先々のことまで慎重に考え、リスクについてもよく検討した方がいいですね)は、サラリーマン(民間企業に雇われている役員以外の人を指すことが多いです)を始めとした個人にとって、ハードルの高い投資方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)となるでしょう。その理由は、個人では如何しても、不動産にたいする知識や経験が不足しているからです。不動産は株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)式などと異なり、流動性がそれほど高くありません。思ったほどの利益が上がらなかったり、不動産選びに失敗したりした場合にも、希望値段での売却は難しくなってしまいます。また、賃貸であれね空室率の問題があるでしょう。常に満室の場合の場合なら何の問題もませんが、なかなか空室が埋らないという可能性もあります。賃料滞納者が発生することもあるらしいです。大地震なんかの自然災害のリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)も付きまといるかもしれませんね。そういうケースに対応するノウハウ(外部に漏れるのを防ぐために、一子相伝にすることもあります)が、個人ではどうしても不足してしまうのです。当り前ですが、専門の業者に不動産管理を一任するやり方もありますが、それだけ、余計に経費が掛かるでしょうね。以上のように、個人ではなかなか難しいのが不動産投資(賃料によるインカムゲイン、もしくは、購入金額よりも高い価格で売却した際のキャピタルゲインが投資の目標となるでしょう)ものです。ただ、良い物件と信用の出来る不動産管理業者(良い仕事をしてくれるところなら住人も不満を持たないでしょう)に巡り会う事ができてれば、不動産投資は魅力的な投資商品のひとつかも知れませんねー